パソコンとスマホ

ペーパーレス会議とセキュリティ意識の関係

ネットワーク(緑)

様々な事務作業を含む業務でペーパーレス化が推奨されています。しかしながら日本においては完全に浸透するには時間がまだまだ掛かると言われます。それは何故でしょうか。日本にはビジネスの場においても印鑑の重要性が高く、紙媒体に朱肉を用いた捺印の信頼度が高いと言う一因が挙げられると思われます。印鑑を使用しない海外では電子署名が一般化しており、インターネット上でほぼ全ての契約業務などを完結する事も可能です。
ペーパーレス会議についてはどうでしょうか。会議において説明をする資料を予めダウンロードする方法も、浸透しているとは言い難い現状です。やはり紙媒体で印刷されていると、補足説明やメモ書きなどを個々人が行えると言うメリットがあります。しかし、会議で用いられる社外秘の資料を印刷して配布する事は危険性が高すぎる側面があります。社外秘の資料を印刷した場合、会議が終わって退出する際にシュレッダーもしくは溶解処理をしなくてはならないはずです。そのルールを徹底出来ないと言う事は、セキュリティ管理に何らかの問題があると言わざるを得ません。逆に言ってしまえば、ペーパーレス会議を遂行する事が出来なければ、社外秘資料の扱いがなっていない。とも言えるのです。
費用対効果の問題に留まらず、社としてのセキュリティ意識を全体的に上げ、ペーパーレスを進めた結果として費用の抑制にも繋がると言えます。

TOPICS

ネットワーク(緑)

ペーパーレス会議とセキュリティ意識の関係

様々な事務作業を含む業務でペーパーレス化が推奨されています。しかしながら日本においては完全に浸…

MORE

ネットワーク(青)

ペーパーレス会議にぴったりなタブレット

資料を会議でみんなに配るということが慣例になってきたかもしれませんが、時代はペーパーレスという…

MORE

ネットワーク(黄)

ペーパーレス会議で注意すべきこと

紙の消費量が大幅に削減される、会議の資料作りの準備の手間が少なくて済むなど、メリットの多いペー…

MORE

PICK UP

ネットワーク(赤)

ペーパーレス会議で無駄を省き仕事を効率化

無駄を省き仕事を効率化する、これが不景気でも会社の業績を伸ばしていく秘訣になるかもしれません。その点でペーパーレス会議にするということを決めた企業が多く、会議に必要な資料を紙として用意するのでは…